この記事は約1分で読むことができます。


大学時代女友達が講義の課題をしに家にやってきた。

課題をしているうちにムラムラしてきてトイレで抜こうと思い席を立った。

トイレでジーンズとパンツを一気におろしシコったが、もったいなくて勃起した状態で女友達の所へ戻った。

相変わらず女友達はレポートやっていた。

びっくりさせようという、ふざけた様子を演じて、勃起したムスコを顔に近づけてみた。

するとハッと驚いた表情をして一瞬固まったが、次の瞬間何を思ったのかそそり立つムスコをパクッとくわえ一心不乱にしゃぶりだした。

拒否されると思ったが、期待以上の展開になって嬉しかった。

調子に乗っておっぱいを触ろうとすると体をよじって逃げられてしまった。

それでもめげずにブラのホックを外しおっぱいを触ることに成功した。

シャツのボタンを外し上半身を裸にして続きを楽しんだ。

スカートの中に手を入れ手マンをしようとしたらぐちょぐちょに濡れていてすごく興奮してしまった。

夢中になりながら、そのまま気持ちよくいってしまい女友達の口の中に全部出してしまった。

女友達は「ごちそうさま」と冗談ぽく笑って精液を全部飲み干してくれた。

性欲がなくなってしまったが、せっかくここまで来てもったいないと思い、女友達の下着を脱がしクンニしてあげた。

30分ほどで息子が復活してセックスした。

たまには上手くいくこともあるんだと思って感激した。

でもそれ以来、女友達とは連絡が取れなくなり急に疎遠になってしまった。