この記事は約1分で読むことができます。


夜のとばりのその中に、この世をはかなんだ女がいました
その名はお万の方

お万さんはある時、旅に出ました
苔むした細い道を、お万さんは歩きます
お万こけるな、オマンコケルナ

お万さんは森の中を 歩いていました
お万さんは木の小枝に 引っかかりました
お万、小枝に引っかかる オマンコエダニヒッカカル

お万さんは奈良の都で 鹿を見ました
お万さんは その中の小鹿に触ってみました
お万小鹿に触わる オマンコジカニサワル

お万さんはさらに、旅を続けます
目の前に、大和時代の古墳が見えました
お万、古墳だよ オマンコフンダヨ

お万さんは旅から帰り、家に着きました
しかし柱時計が壊れていました
お万、壊れているよ オマンコワレテイルヨ

お万さんは漫画を 書くのが好きでした
その中で、こまわり君が好きでした
お万、こまわり書く オマンコマワリカク

お万さんの家から 小判が出ました
お万さんは盗まれないように、小判の番をしました
お万、小判、番する オマンコバンバンスル

お万さんの唄はまだまだ続きますが
今度また、もっとつっこんでお話しましょうね。
今度また、もっとつっこんでお話しましょうね。
オマン、オマン、オマン