ホーム > 石川県のおすすめデートスポット > 八朔祭り(くじり祭り)

八朔祭り(くじり祭り)

志賀町(旧富来)の八朔まつりは、別名くじり祭りとも呼ばれています。くじりとは女性のアソコをいじると意味で、昔は、この日祭りに来た女性は男性から抱きつかれたり、触られるのが当たり前だったように言われます。

今でもそのような風習が残っているかは定かではありませんが、若者によってはダイレクトに「レイプ祭り」と呼ぶ者さえいるので、全くもって安全とは言い切れないかもしれません。

今現在、八朔まつりに足を運んでも、それほど危険な雰囲気は確認できませんが、何にせよ参加者は酒を大量に飲んでおり、気持ちが大きくなっているため、突発的に何が起こるか予想ができないというのは祭りの怖いところです。

そのため、若くて可愛い女性が八朔祭りに行く際は、十分用心しておいた方が良いかもしれませんね。例えば、人が大勢いる大通り以外は歩かないとか、防犯用の警報機のようなものを持ち歩くようにするとか・・、あとは女友達だけでは行かないとか、必ず男性に同伴してもらうとか何らかの注意は必要でしょう。

カップルでお祭りデートのときは、彼氏は彼女と離れないようにして行動をともにしましょう。まぁ、くじり祭りに限らず、お祭りはどこも同じですけどね。石川県でも特に能登方面は夜の祭りが多いので、万が一の時の為に用心しておくことは大切です。

念のために言っておきますが、八朔まつり(くじり祭り)という祭礼そのものは大変素晴らしく、沢山のキリコが夜を徹して練り歩く様は、石川県のキリコ祭りを代表する祭りと言っても良いでしょう。

安全に楽しく観ることができれば、良い出会いもあるかもしれません。元々祭りは男女の貴重な出会いの場でも会ったのです。

 
石川県のデートスポット一覧へ